2018年11月・麻雀成績

(11月成績まとめ)

麻雀収支    +25750円
経費・場代   ▲11000円
経費・トップ賞 ▲ 1000円
純粋な収支   +13750円

1位:10回 2位:11回 3位:4回 4位:5回


11月2日(金)さかえ
4414412131

スコア収支 + 8300
場代    ▲ 4000
トップ賞  ▲  400
純収支   + 3900

10半荘も打ったが、前半後半であまりにも波が激しく見た目にはっきりとトップラス麻雀が現れている。

でも前半の5半荘については正直本当にツイて無かったんだよ?自分の選択にミスは無いという自信もあったし!

後半の5半荘については・・・集中力も切れてたのでかなり適当に打ってたと思う。多分、誰が打っても良い成績取れたんじゃないかな・・・・。

真剣に打っても勝てない、適当に打っても負けない。麻雀の理不尽さを感じる日でしたとさ。


放銃も無く和了も無く、存在感も無く20800の4位と、そして次の半荘も放銃もしてないのに4位。これは応えるよ。


確かにここまではしっかり必要な我慢が出来ていた(臆病ではなく、本当にギリギリのラインまで粘り切れていた)が、この辺で明らかに張りつめていたものが切れた。

・・・何故かここからツキで挽回しだすのだが。

↑は本当に自分のミスでの転落と言い切れる。前半の集中力だったらありえない。


11月17日(土) さかえ
231

スコア収支   2600
場代    ▲ 1200
トップ賞  ▲  100 
純収支     1300

子供が寝た後にチラッと。2半荘目のオーラスで大きくマイナスに傾きかけたけど、3半荘目にトップが取れて助かった。


11月23日(金) さかえ
3224231

スコア収支   2100
場代    ▲ 2800
トップ賞  ▲  100 
純収支   ▲  800

殆どのゲームで我慢我慢。

6半荘終えたところで負けが1万円に届きそうな状況で、7半荘目も早速めくり合いからの放縦→一人凹み。

もうしょうがないと割り切って打っていたら、四暗刻を初めとして諸々和了り、トントンになった。なんだこれ。

↓ここから振り返ってグチグチいいだす小者。


11月30日(金) 青雲
2112221221

スコア収支 12750
場代    ▲ 3000
トップ賞  ▲  400 
純収支     9350

2013年頃に1度行ったきりの青雲。

実はこれまでに何度か電話したことがあるのだが、毎度毎度卓が立って無く、終いにはいつの間に三麻を始めててそちらしか立ってないと言うのでなかなか行けてなかった。

もちろんずっと気にはなっていたので “もういいか、三麻でも。店の雰囲気が見たいしもう直接行ってみよう” と思い立ち、突撃。

そしたら運よく四麻卓が立ってたのでそのまま四麻が出来た。ラッキー。

こんなに着順がいいととっくに1万なんて超えてそうなもんだけど、とにかくチップをもがれまくりなんで見映えより収入は悪い。

リーチしたらどんなに待ちが良かろうが本当にツモれないんだもん。かわし手ばかりのしんどい展開ばかりだったよ。


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    +15450円
経費・場代   ▲47000円
経費・トップ賞 ▲ 2500円
純粋な収支   ▲34050円

1位:29回 2位:38回 3位:30回 4位:25回

2018年10月・麻雀成績

(10月成績まとめ)

麻雀収支    + 3200円
経費・場代   ▲ 2200円
経費・トップ賞 ±    0円
純粋な収支   + 1000円

1位:3回 2位:2回 3位:2回 4位:1回


10月6日(土) どらぶる
131123

スコア収支 + 6200
場代    ▲ 1500
      + 4700

昨年大晦日以来のどらぶる。到着時はフリー2卓、セット1卓立っていて賑わっていた。おお・・・どらぶる健闘してんじゃん・・・。

来たタイミングが良く、すぐに席に案内された。点5で、符アリの卓。(どらぶるは符計算無しルールあり)以前は点3と点5が選べたけど、今は点5だけにしてるみたい。


10月16日(火) すたいる。
24

スコア収支 ▲ 3000
場代    ▲  700 (ドリンク代込み)
      ▲ 3700

この日はひどかった。自分で打っといてなんだけど、打牌選択も全く意味不明。


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲10300円
経費・場代   ▲36000円
経費・トップ賞 ▲ 1500円
純粋な収支   ▲47800円

1位:19回 2位:27回 3位:26回 4位:20回

2018年9月・麻雀成績

(9月成績まとめ)

麻雀収支    +15300円
経費・場代   ▲ 6400円
経費・トップ賞 ▲  600円
純粋な収支   + 8300円

1位:6回 2位:3回 3位:6回 4位:4回


9月3日(月) 牌牌
34344

スコア収支 ▲ 6800
場代    ▲  800
      ▲ 7600

昨年末に行ったきり、なかなか行けていなかった牌牌。月曜頭だというのになんだか急に打ちに行きたくなって、23時からちょっと顔を出した。

それが、いけなかった。


9月15日(土) さかえ
21321113

スコア収支 +16500
場代    ▲ 3200
トップ賞  ▲  400
      +12900


9月21日(金) さかえ
241133

スコア収支 + 5600
場代    ▲ 2400
トップ賞  ▲  200
      + 3000


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲13500円
経費・場代   ▲33800円
経費・トップ賞 ▲ 1500円
純粋な収支   ▲48800円

1位:16回 2位:24回 3位:25回 4位:19回

2018年8月・麻雀成績

(8月成績まとめ)

麻雀収支    ▲ 6200円
経費・場代   ▲ 5200円
経費・トップ賞 ▲  100円
純粋な収支   ▲11500円

1位:1回 2位:6回 3位:4回 4位:2回


8月2日(木) さかえ
22332 -5100 (場代2000)

スコア収支 ▲ 3100
場代    ▲ 2000
      ▲ 5100

何故だか知らないが対面と何度もぶつかり、その全てが競り負けという日。


8月10日(金) さかえ
132232

スコア収支 + 3100
場代    ▲ 2400
トップ賞  ▲  100
      +  600


8月18日(土) さかえ
44

スコア収支 ▲ 6200
場代    ▲  800
      ▲ 7000

ラス半掛っているというので待ってたら、カップルが来たのでメンバー入れて別卓を立てたんだが、このフリー慣れしてなさそうなカップルにボコボコに。

2半荘打って散々というところでこの2人がラス半コール。俺もお金が無くなったのでそこで終わり。メンバーから「(最初入る予定だった)卓空きましたよ!」と言われたけど帰りました。不運や・・・。


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲28800円
経費・場代   ▲27400円
経費・トップ賞 ▲  900円
純粋な収支   ▲57100円

1位:10回 2位:21回 3位:19回 4位:15回

2018年7月・麻雀成績

(7月成績まとめ)

麻雀収支    ▲  800円
経費・場代   ▲ 4900円
経費・トップ賞 ▲  100円
純粋な収支   ▲ 5800円

1位:2回 2位:4回 3位:3回 4位:3回

年々感じる自分の下手さ加減。多分、昔は集中してて “カン” だけでも十分打ててたのが色々と鈍ってきててどうしようも無くなっているのだろう。(でも、別に打てればどうでもいいで~す)


7月20日(金) さかえ
432214

スコア収支 ▲ 1600
場代    ▲ 2400
トップ賞  ▲  100
      ▲ 4100

28時の時点で切り上げようとしたら、メンバーからもう少し居て欲しいと言われて・・・直後のトップでようやく浮いたけど最後トビラス。30時まで打って翌日疲れが取れないし、散々。


7月27日(金) すたいる。
33142

スコア収支 +  800
場代    ▲ 2500 ※ドリンク代100円含む
      ▲ 1700

久しぶりに行ったら、ルールに多少変更があるとの事だったが、特に気にならず。

 ・レインボー5索が、役になった(のみで和了れる)
 ・聴牌連荘→和了連荘
 ・頭ハネ→ダブロン・トリロンあり。


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲22600円
経費・場代   ▲22200円
経費・トップ賞 ▲  800円
純粋な収支   ▲45600円

1位:9回 2位:15回 3位:15回 4位:13回

2018年05月・麻雀成績

(5月成績まとめ)

麻雀収支    + 3200円
経費・場代   ▲ 6800円
経費・トップ賞 ▲  500円
純粋な収支   ▲ 4100円

1位:5回 2位:6回 3位:2回 4位:3回

今月は場代沈み程度の負け。それなりに好調だったとも言える。


5月11日(金) さかえ
411

スコア収支 + 2500
場代    ▲ 1200
トップ賞  ▲  200
      + 1100


5月18日(金) さかえ
224232212

スコア収支 + 2000
場代    ▲ 3600
トップ賞  ▲  100
      ▲ 1700

気づけばこの日、耐えに耐えて6回も2位で粘っていたのね。


5月25日(金) さかえ
34114

スコア収支 ▲ 1300
場代    ▲ 2000
トップ賞  ▲  200
      ▲ 3500

2回も抗えないトビ終了を食らった・・・と言いたいところだが今考えれば無理を通そうとした局面もある。素直に反省。


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲21800円
経費・場代   ▲17300円
経費・トップ賞 ▲  700円
純粋な収支   ▲39800円

1位:2回 2位:5回 3位:10回 4位:6回

2018年04月・麻雀成績

(4月成績まとめ)

麻雀収支    ▲ 3500円
経費・場代   ▲  700円
経費・トップ賞      0円
純粋な収支   ▲ 4200円

1位:0回 2位:0回 3位:1回 4位:1回

4月は東京に行った時にNEW千点棒に寄っただけで後は全く打ってません・・・。


お久しぶり~。

 


4月13日(金) NEW千点棒(錦糸町店)
43

スコア収支 ▲ 3500
場代    ▲  700
      ▲ 4200

 


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲25000円
経費・場代   ▲10500円
経費・トップ賞 ▲  200円
純粋な収支   ▲35700円

1位:2回 2位:5回 3位:10回 4位:6回

2018年03月・麻雀成績

(3月成績まとめ)

麻雀収支    ▲ 7900円
経費・場代   ▲ 3600円
経費・トップ賞 ▲  100円
純粋な収支   ▲11600円

1位:1回 2位:2回 3位:3回 4位:3回

去年からずっと、ミス以上に不ヅキの嵐が吹きすさぶ辛い状況。月初からいきなり1万マイナスは辛いですよ・・・おかげでこれっきりです。

 


3月2日(金) さかえ
243423314

スコア収支 ▲ 7900
場代    ▲ 3600
トップ賞  ▲  100
      ▲11600

 


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲21500円
経費・場代   ▲ 9800円
経費・トップ賞 ▲  200円
純粋な収支   ▲31500円

1位:2回 2位:5回 3位:9回 4位:5回

2018年02月・麻雀成績

(2月成績まとめ)

麻雀収支    ▲ 3300円
経費・場代   ▲  800円
純粋な収支   ▲ 4100円

1位:0回 2位:0回 3位:1回 4位:1回

今月は全く打つ暇がありませんでした・・・

 


2月21日(金) さかえ
43

スコア収支 ▲ 3300
場代    ▲  800
      ▲ 4100

 


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲13600円
経費・場代   ▲ 6200円
経費・トップ賞 ▲  100円
純粋な収支   ▲19900円

1位:1回 2位:3回 3位:6回 4位:2回

2018年01月・麻雀成績

(1月成績まとめ)

麻雀収支    ▲10300円
経費・場代   ▲ 5400円
経費・トップ賞 ▲  100円
純粋な収支   ▲15800円

1位:1回 2位:3回 3位:5回 4位:1回

 


12月5日(金) さかえ
313

スコア収支 + 2000
場代    ▲ 1200
トップ賞  ▲  100
      +  700

浮いたから良かったものの薄氷のトップにチップ持ってかれまくりなど印象としては全くいい事無し。3半荘目なんて散々こらえてなんとかトップをキープしてたのに、オーラス・親の下家が4巡目でリーチ、上家も同巡で追っかけリーチ、安牌全く無くて親に一発放銃という有様。トータルマイナスだと思ってたよ。

 


12月12日(金) さかえ
2322334

スコア収支 ▲12300
場代    ▲ 4200
      ▲16500

「今、ピンしか立ってないんですよ~」と言われた時点で、ヘタクソなんだから帰れば良いのにどうしてもやりたくて席に着いた。そしたら・・・腕どうこう以前にもう呪われているとしか思えない位の不ヅキだったというオチ・・・。


  (2018年成績まとめ)
麻雀収支    ▲10300円
経費・場代   ▲ 5400円
経費・トップ賞 ▲  100円
純粋な収支   ▲15800円

1位:1回 2位:3回 3位:5回 4位:1回

【麻雀】沖縄県名護市「どらぶる」へ行ってきた。

名護に新しくできた雀荘「どらぶる」、10月にひょんなことから存在を知り、ずっと行きたい行きたい言い続けていたものの12月のオープン以降も行く機会は無し・・・。


↑「どらぶる」を見つけた時はこんなに喜んでたのに・・・。

 

で、やっとこさ時間が取れたと思ったらそれは大晦日という・・・名護といえば正月に初詣をしたい神社(御佐喜宮)もあったので、家族で一泊がてらお邪魔してみることにした。

那覇と違って夜は静かなイメージのある名護。土地柄、年末は卓立ってないんじゃないかなーと思いながらも19時過ぎに店に入ったら、案の定お客は誰もおらず。メンバーも2人しかおらずで打てそうにないので、「もし、お客が来たら連絡する」との提案に電話番号を告げてとりあえず店を出ることに。(ついでに、Twitterのアカウントもバレたww)


昼から行きたかったけど、家族サービス(?)もしないといけないので・・・。

その後はもうほぼ諦めていたのでホテルで家族と合流し、ちょっと街をドライブしたりしていたのだが、ちょうどホテルに戻ってきた21時過ぎのタイミングで、「22時から卓が立てそう」との連絡が。もう大喜びで行ったわ。

お店に戻った時点で改めてルールを聞いたが、だいたい事前にホームページで確認していた通り。符点計算無し(30符固定)・賽がゾロ目の時はドラ2枚めくり・5千点でオープンリーチ可などが目を引くところ。ちなみに、符点計算についてはお客間で合意があれば “アリ” でも良いとのことだったが、同卓者がフリー慣れしてない感じだったのと、どうせやるならハウスルールに従いたいのとで符点計算無しでやることにした。


Eager卓が5卓とか、県内では一番贅沢だと思う。

自分・店長・お客2人の4人で22時半から始めて、26時まで打ってたかな。初めましての人と年越しするなんて体験をナチュラルに迎えながらの3半荘、楽しく過ごさせて貰った。目標にしていた“オープンリーチをする” も達成したし(和了ってないけど)、個人的には大満足。

お店の雰囲気も店員さんの感じも悪くないし、何より卓は最新だし、沖縄県内の雀荘では間違いなくトップクラスに良いのでもっと流行ってほしいのだが、今のところは地元の人よりも出張や旅行で来た人が寄ってくることが多いらしい。やっぱり名護だとお客さんが集まるまで時間がかかるのかもしれない。

自分も何とかして応援したいとは思うが子供が小さいうちは厳しい。親に預けられるようになれば、今度はazutoroと行って同卓したいなぁ。誰でも良いので、興味を持ったら是非行ってみて欲しい。セットで行くのも良いと思うよ、この全自動卓に触れられるのは間違いなくここだけだから。


翌朝、初詣がてら通りかかったので再度撮ってみた。

2017年12月・麻雀成績

(12月成績まとめ)

麻雀収支    ▲ 5750円
経費・場代   ▲ 9750円
経費・トップ賞 ▲    0円
純粋な収支   ▲15500円

1位:15回 2位:11回 3位:8回 4位:14回

パッと順位だけ見ると良い成績になってもおかしくないように見えるが、今月は殆ど牌牌で打ってたのでトップ以外は全てマイナス。特にひどい負け方が多かったのでこのような成績になってしまいました!

ツイてなかったと言い訳したいところだが、そもそもミスも目立つ月だった。マイナスも半分ぐらいには抑えられたんじゃないだろうか…。

 


12月1日(金) 牌牌
442131121431

スコア収支 + 8700
場代    ▲ 2400
      + 6300

1位以外はほぼ全員そう変わらない程度のマイナスになるルールなので、あんまり2位以下の順については記録しても意味がないのだが、一応書く。2連続ラスでスタートしたことから、“不運地獄がまだ続くのか…”と思ったが、その次の半荘、起家で四暗刻和了れてからはそれなりに渡り合える展開になって助かった。

しかし3麻ってのはどうも、何を和了っても和了形そのものには感動が薄くなるね。四暗刻は出和了りも含めて2回聴牌したけど、ツモ・ロンでも何も思うところなし。あんだけ牌が少なければ何でも和了れるでしょ。国士なんてしょっちゅうだし。

 


12月8日(金) 牌牌
144122

スコア収支 + 3200
場代    ▲ 1200
      + 2000

 


12月14日(木) 牌牌
221211 

スコア収支 + 7500
場代    ▲ 1200
      + 6300

 


12月15日(金) 牌牌
2244241144414 

スコア収支 ▲11200
場代    ▲ 2600
      ▲13800

う~ん、この日は本当にひどかった。何で俺ばかり…というような事が多し。


12月28日(木) 牌牌
21244233 

スコア収支 ▲13700
場代    ▲ 1600
      ▲15300

例えツイていない時でもふてくされることなく・ブレることなく・我慢して・丁寧に打っている自負はあるが、この日はあまりのツカなさに緊張の糸が切れたのか、「立直後、ツモって来たカン材をカンせずツモ切り(牌牌ではチョンボ)」「オーラスに気づかずに意味の無いダマツモで終了(立直打ってりゃ一発付きで捲くり)」など、やってはいけないミスもしてしまった。

牌牌は運の要素が強すぎるので、押し引きだけしっかりしてればトータルで大損はしないと思っているのだが、もう少し研究というか、やるべき事の確認をしっかりしないといけない。…でもなぁ、こうも捲くられが多かったり、親になるとクソ配牌しかこなかったり、満貫ばかりしか和了れなかったりすると☆#♪〒◎▲@;$&%


↑自分が先行で両面リーチをしてるのに、下家が何枚も押してきて追っかけリーチきてそれに一発放縦した時の愚痴。赤3筒で放縦したんだが、手を開いたら辺張のクソリーで、しかも俺は前巡にノーマルの3筒を切っているという…一巡差で倍満に。不運極まれりと思った瞬間。


12月31日(日) どらぶる
331

スコア収支 ▲  250
場代    ▲  750
      ▲ 1000

点3。1半荘目はタダでさえツイてないのに、自分からものすごいミスを連発して転がり落ちていく有様で救いようが無かった。2半荘目以降からはちゃんと打てたので助かったよ…。


  (2017年成績まとめ)
麻雀収支    ▲ 7150円
経費・場代   ▲31450円
経費・トップ賞 ▲ 1400円
純粋な収支   ▲40000円

1位:28回 2位:25回 3位:20回 4位:30回

2017年11月・麻雀成績

先月末からのあまりの運の無さに続いて、今月も頭からあまりにもツイてない状況に出くわしていてかなり厳しい月。いや、少しは自分にも非があるんだろうが、とにかく和了れないのでどうにもならない。

(11月成績まとめ)

麻雀収支    ▲13900円
経費・場代   ▲ 2800円
経費・トップ賞 ▲    0円
純粋な収支   ▲16700円

1位:1回 2位:1回 3位:2回 4位:6回

 


11月1日(火) 牌牌
441343

スコア収支 ▲ 7600
場代    ▲ 1200
      ▲ 8800

三麻(正確には4人回し3人打ち)なんだから、確率的に言えば30%以上の確率で自分が和了れるはずなのだが、とにかく俺だけ和了れない日だった。1位とった時に2回和了った以外では、もう和了った記憶がないんだもんよ。

気づけばたった1時間で大損こいて帰っているという。

 


11月17日(金) さかえ
2444

スコア収支 ▲ 6300
場代    ▲ 1600
      ▲ 7900

 


  (2017年成績まとめ)
麻雀収支    ▲ 1400円
経費・場代   ▲21700円
経費・トップ賞 ▲ 1400円
純粋な収支   ▲24500円

1位:13回 2位:14回 3位:12回 4位:16回

2017年10月・麻雀成績

年末まで、全然打つ暇がなさそうです。今月は何とか2回打ちに行く事ができたものの、来月以降はどうだろうか…。

そして、少ない回数のなか、ひたすら負けまくっているという…以下、呪詛だらけの内容となります。笑ってくれよ!!●●●●!!

(10月成績まとめ)

 麻雀収支    ▲ 9100円
 経費・場代   ▲ 4100円
 経費・トップ賞 ▲  100円
 純粋な収支   ▲13300円

 1位:1回 2位:2回 3位:5回 4位:2回


10月24日(火) すたいる。
234133

スコア収支 ▲ 4200
トップ賞  ▲  100
場代    ▲ 2500(入店時料金¥100込み)
      ▲ 6800
※チップを数える暇はありませんでした。


10月29日(日) さかえ
3423

スコア収支 ▲ 3700
チップ   ▲ 1200(6枚)
場代    ▲ 1600
      ▲ 6500

あーあ、最後は僻んじゃった。まぁしっかり打ててはいたので愚痴ぐらいこぼしても良いでしょう。

  (2017年成績まとめ)
麻雀収支    +12500円
経費・場代   ▲18900円
経費・トップ賞 ▲ 1400円
純粋な収支   ▲ 7800円

1位:12回 2位:13回 3位:10回 4位:10回

新ドラ入荷しました。五百点棒も。

この前カルチャーショックな麻雀(沖縄三麻)に触れてからというもの、 “家でもこのルールで打てるようにしたい!!” という思いが強くなる一方。

となれば赤3・赤7の入手が必須となるのだが、ウチのマツオカセンチュリー卓に標準でついている赤牌は当然赤5のみ。一応、赤3・赤7を扱うお店があるという事は聞いたことがある(さんグループなんてまさに赤3ピンあるしね)のでメーカーが用意してないとも思えず…とりあえずメーカーのマツオカ株式会社に聞いてみる事にした。

マツオカ株式会社のお問い合わせフォームより牌の在庫について確認したら、「今現在センチュリー卓関連の業務は鳳凰さんに引き継いでいる」との回答だったので今度は鳳凰さんに同じ問い合わせを。

そしたら、鳳凰さんから「在庫あり」との回答が!!鳳凰さんでは牌の紛失などへの対応として、牌のバラ売りを実施しているそうで、赤3・赤7についても同じ値段でバラ売り対応をしているとのこと。早速、

(赤3・赤7)×(萬子・筒子・索子)× 各2枚 × 2セット
  = 24枚

で注文させて貰った。1個700円、送料込で2万チョイと痛い出費ではあるが、注文自体は何の躊躇もなく実施。だってこの値段でまた新たな麻雀文化を自宅で開拓できるワケだよ!?これぐらいいいじゃない。

さて、赤3・赤7の目処がついた一方、もひとつ必須ではないが欲しいものが。沖縄三麻では点棒やりとりの最小単位が500点なので各家の百点棒を予め追加の五百点棒とすり替えておきたいのだ。

しかし…五百点棒、というかマツオカレディオ(点リーダー)の点棒についてマツオカ・鳳凰の両サイトや他の麻雀用具販売店、ネットオークションをあたったりしたが、どこも扱っている様子がみられない。さすがにこれは無理かと思いながら一縷の望みをかけてtwitterで募集。

そしたらね、なんとマツオカ株式会社の方から直接twitterのDMへ
在庫アリとの連絡が
。おお~呟いてみるもんだね。こちらも1本千円弱だったけど即注文。購入まで丁寧な対応をしてもらって本当に助かった。

で、この間 鳳凰さんから赤3・赤7計24枚が、マツオカさんから五百点棒が同時に到着。もうニヤニヤが止まらない。代引業者が配達前に確認の電話を入れてきたせいで 2万を超す出費をしたことがazutoroにバレたのは痛いけど、こ、後悔は、な、無い。はず。はず…。(金額よりも“面子もいないくせにまた買って!” という点で怒ってそうだな…)


大量のドラ。どんな麻雀だよ。



初めての点棒登録作業。新鮮な感じ。

これで沖縄三麻に必要な道具は全て揃った(キリッ)相変わらず面子はいないけれども一人で軽く打ったりしながらあの独特の点数申告のやり方なんかをマスターしていこう。

那覇市泉崎の雀荘「牌牌」へおじゃましてみた

自分が麻雀をするときは、那覇市久茂地の「さかえ」かたまに那覇市西町の「すたいる。」。沖縄県南部では数少ないスタンダードな四麻の店に通っている。(那覇市久米の青雲も、四麻はやっているらしいが、電話する度に三麻の卓しか立ってないという。)

上記以外だと古い店しかなく、沖縄では昔から“4人回しの3人打ち”という奇妙な三麻(?)が席巻しているため自分から行こうという気はおきないのだが、那覇市泉崎の「牌牌」だけは気になって仕方が無かったのでついに行ってみる事にした。



柱にも、「お一人様でも遊べます」って書いてるし。

何故気になっているのかというと、家から一番近いから。いつでも気楽に歩いて行ける距離にあるので “ここが打てる店だったら幸せだろうなー”とずっと思ってて。それに、いつ見ても明るくてそれなりに賑わってそうなんだよね…ひょっとしてちょっとしたコミュニティになってて雰囲気の良い店なんじゃないかと。

一応、行ってみて高レート(&いきなり “いいから座って座って”) だったら困るなあと思って予め電話したのだが、ドボンで2千円と意外に安いこと、また三麻経験が無い事を伝えたら「止めた方がいいよ、近くに四麻のお店あるからそこ行った方がいいよ」と優しく諭してくれたことから逆に「イケる!」と判断。突入することに。

さて、22時過ぎに入店してみるとビックリ。決して広くはない店内に卓は2卓、客で満卓の上に卓以外でもお客が3人、店員(?)が2人とかなり賑わっている。えーっ!ここまで賑わっているとは思ってなかった…。

メンバーにさっき電話した者だと告げると、嫌な顔せず “じゃあ私が一度卓に入るから、後ろで見てて” との言葉。多分、見学時のリアクションで打てるかどうか判断しようということだろう。打ってる最中も色々話しかけてくれ、時々は何故そう打ったのか~なんてのも親切に教えて貰ったりしながら大体のルールを把握。ルール、概ね問題無し。メンバー・お客、良い人そう。店内の雰囲気もこっそり観察していたが全然問題無し。早く打ちたい。

2回ほど見学して、いよいよ着席。人生初めての沖縄三麻を楽しむことに。この店のルールはこんな感じ。(※ネット界隈で良く見る“四人回しの三人打ち”を敢えて「沖縄三麻」と呼称します)

「常時打つのは3人だが、プレイヤーは4人の変則三麻」
東南戦・最低八局と4人打ちと同じ局回しだが、北家の位置にいる人はお休みで3人で打つ。ちなみに、誰かにツモられると北家の人も点棒を払う。
・2万5千点持ちで、ウマ無し。2位以下は持ち点に対応する金額を
 トップに支払う。トビありで、箱下清算は無し(二千円)
・各色に赤3・赤5・赤7が2枚ずつ。
 抜きドラ(北)あり、通常ドラありの計26枚のドラ
・点棒の最低単位は五百点で、百点棒はない。符は一律30符扱で、
 3900や5800などは4000、6000になる。
・詰み棒は場に1500点
・ピンヅモは無し。
・流局時、3人ノーテンなら北家に千点オール。
 それ以外の場合、北家はノーテンとして場に3千点。
・数え役満は15翻から。
流し役満あり。振り切りで成立。
・三連刻/四連刻あり。四連刻は役満。
・フリテンリーチ不可。間違ってツモ和了りしたり、流局時にフリテンリーチが
 発覚したらチョンボ!!
 ※立直を掛けてない時のフリテンツモ和了りにはOK。
・リーチ後は待ちの変わるカン以外全て強制カンである。
 ※どこまでが対象?しなかったらチョンボなのかな?は未確認。
・ツモはドラ表示牌の手前まで。王牌残しはない。

最初は赤ドラのあまりの多さにびっくりしたけど、さすがに赤絡みのチップは無いと知り安堵。


(清算等)
トップ以外は以下の通りに支払う
ドボン 2000円払い(箱下無し)
500~ 9500 1700円払い
10000~19500 1500円払い
20000~29500 1300円払い
30000~34500 1000円払い
35000~39500 800円払い
40000~44500  600円払い
45000~49500  400円払い
50000~54500  200円払い (って、ないか)
※トップがそこから場代800円を払う。

一発:500円  裏:200円
抜きドラ4枚揃い(北セット)⇒ 500円オール
配牌に抜きドラ4枚が!   ⇒ 1000円オール
役満   ⇒ ツモ:1000円オール 出和了り:1500円
数え役満 ⇒ ツモ:500円オール  出和了り:1000円
一翻のみ和了り ⇒ 200円オール
3人同時飛び ⇒ 2000円払いが2500円オール払いになる。

このルールの面白い所は、一般的に三麻の魅力とされる高速・高打点はそのままに、符点計算等の繁雑さなどは回避されている点。三麻独特の符点計算や、三麻のみにある“ツモ時は子方一人分の点を損する”といったことがない。ドラインフレは “正直、要るか…?” とも思うが、やはりギャンブル好きの沖縄人には好まれるルールなのだろう。

また、インフレしていたらほぼ押し引きがメインになってくるのだが、それでも頭を使う事は多く、かなり面白い。トップ以外はお金を払う事が決定しているから、無駄に他家を飛ばすわけにもいかない。点棒状況には四麻以上に神経質になる。そしてもちろん、その間打牌を止めるワケにはいかないので…。疲労感は四麻の比ではない。

でもやっぱり傍観者(北家)の処遇については理不尽すぎると言わせて貰いたい!!酷い時は東パツから親が連荘して他家がトビ、一度も牌を触れずに終わるなんてこともある。(原点のまま何もしていないのに1300円払ったよ!!)

このように四麻と比べてメリット・デメリットも逸脱っぷりが半端無いが、これはこれで面白いのは間違いない。とにもかくにも「regionnは麻雀スキル “沖縄三麻” を習得した!」なので、これからまた機会があれば他の店も打ちに行ってみよう。四麻並みの面白さとまでは行かないが、沖縄三麻もかなり楽しいものである事はもう分かっているのだから。

最後に。ここ最近で二度も牌牌に足を運んだワケだが、牌牌は麻雀のルールどうこう以前にメンバー・お客さんともに良い人ばかりでそれがまず楽しい雀荘だった。もし、この記事を見て行こうと思う人が居るのなら、最初は覚える事ばかりでいっぱいかもしれないけど、それでも皆で楽しく打つのが一番大事ということだけは忘れずに挑んできてほしいと思う。

あと、この記事の事は絶対お店の人に言わないで!!お願いします!!


ありがとうございました。今後は月イチで来れるよう頑張ってみます。

2017年9月・麻雀成績

今月は調子が良いんだか悪いんだか良く分からない月だったものの、ツイてた時の瞬間風速が凄すぎたのでプラスにもっていけた。

(9月成績まとめ)

 麻雀収支    +19300円
 経費・場代   ▲11600円
 経費・トップ賞 ▲ 1100円
 純粋な収支   + 6600円

 1位:9回 2位:6回 3位:5回 4位:7回


9月1日(金) さかえ
1432 +200円


9月8日(金) さかえ
44314 
スコア収支 ▲ 5400
チップ   +  600(3枚)
場代    ▲ 2000
トップ賞  ▲  100
      ▲ 6900


9月9日(土) さかえ
4111231 
スコア収支 + 8300
チップ   + 4200(21枚)
場代    ▲ 2800
トップ賞  ▲  400
      + 9300

この日は沖縄に帰省していた友人と同卓。二人とも儲かって帰るというある意味むごい結末に。


7筒をツモって来た時、瞬間的に “っしゃ! ペン7索ツモった!” と勘違いして即リー。もちノーテンリーチ。


9月15日(金) さかえ
241 
スコア収支 + 1100
チップ   +  400(2枚)
場代    ▲ 1200
トップ賞  ▲  100
      +  200


9月20日(水) さかえ
1222 ※ピン
スコア収支 +10200
チップ        0(0枚)
場代    ▲ 2400
トップ賞  ▲  300
      + 7500


9月21日(水) さかえ
1334
スコア収支 ▲ 1800
チップ   ▲  200(-1枚)
場代    ▲ 1600
トップ賞  ▲  100
      ▲ 3700

  (2017年成績まとめ)
麻雀収支    +21600円
経費・場代   ▲14800円
経費・トップ賞 ▲ 1300円
純粋な収支   + 5500円

1位:11回 2位:11回 3位:5回 4位:8回

那覇市某所のカルチャー麻雀教室?に行ってきた(二回目)

那覇市某所に「カルチャー麻雀教室」と書かれた建物があり、電話をかけてみると「麻雀教室は儲からなかったのでもうやってはいないが、お店自体はやっている。打てるのなら来てみたら良いよ」とのことで寄ってみた事がある。その時の俺のメモがこちら。

まぁこのようにチェーン店のフリー雀荘なんかとははるかにかけ離れた適当さだが、味があって割とのどかなお店だった。
個人的には好きだしずっと存続して欲しいと思うのだが、未だにどんなワードで検索してもこの店の情報がヒットしないため、“頑張れば得られるヒント” として今回の記事を残しておく。


場所はあえて触れない。この外観にピンと来た人がいれば。

ついこの間2回目の来店を果たしてきたが、相変わらず和気あいあいとしておりおじさま達と楽しい時間を過ごさせてもらった。今後は可能ならもう少し若い人も来たりして、そのうち麻雀教室に戻ってくれたりすると嬉しいなと思う。う~ん、無理かな。客は全員年金を貰うような層だからなぁ…。

以下、今回気づいたことを追記しておく。
・七対子も例外なく30符固定。七対子のみなら2000点、七対子ドラドラは満貫。
・場代は実質150円らしい。(計算が独特なので未だ即座に計算ができず)
・チップは一発の100円のみ。

2017年8月・麻雀成績

子供ができてからすっかり麻雀ができなくなっているが、ちょこちょこ打っているので今月から記録していこうと思う。

今月はツイてないなという場面が多かったが、何とか耐えきる事ができたので内容は悪くないと思う。何度かプラマイゼロの2位で凌いだこともあり、ゲームそのものの収支はプラス。場代負けは全然許容範囲なので気にしなーい。

  (8月成績まとめ)

  麻雀収支    + 2300円
  経費・場代   ▲ 3200円
  経費・トップ賞 ▲  200円
  純粋な収支   ▲ 1100円

8月20日(日) さかえ
12212 +2100円

8月25日(金) さかえ
224 -3200円

1位:2回 2位:5回 3位:0回 4位:1回

以下、参考のつぶやき