浦添市内間「一方通行」(閉店)ありがとうございました。

※最終的に、4月1日(日)が最終営業日になっています

学生の頃に数度寄っていた内間の「一方通行」、最近になってからちょこちょこ行くようになっていたところで3月末閉店のお知らせが。味は悪くないのだが、やはり浦添の狭い住宅街の中・それも一方通行にあるから客の入りが悪かったのだろうか(実際、昼に行っても客はあまりいなかったが・・・)

一方通行はメニューがあまりにも多いので、「少しずつ食べていこう」と思っていた矢先の出来事。これは急いで消化しなくてはとできるだけ通うようにした。


メニューが多いもんだから毎回何食べればよいか分からなくて、券売機の前でフリーズしてた。


↑は閉店を知らされる前。一方通行の日替わりメニューは結構チャレンジングな物が多い。初めて日替わりを頼んだのだがなかなか美味かった。

↑土曜日には家族で来店し、4日連続。やりすぎか。

↑のツイートを見て、月曜から行ってみたが、

月曜定休日なの忘れてた。

その間、アカウントがバレてもうた。「いつも」と言われても、閉店を知ってから足繁く通うようになったんです。すみません。

3/28(水)、券売機を見てみたらいくつかのボタンに「販売終了」の紙が貼られていた。「冷やしラーメン」をはじめとする、ラーメン各種をまだ食べきれていなかったので今週食べようと思っていたのだが。後悔。

3/30(金)、3/31(土)と行けず、4/1(日)。とうとう最後の日。最後の日に食べる物は決めていた。自分の好きな沖縄そばはやはりかつおベースなので、かつお出汁で。

自分が大学生の頃からあった店が無くなるというのはとても寂しいが、これはお店の決断であり間接的には自分たちお客の決断したことでもある(日頃からちゃんと来ていればね…)残念ではあるけれども、閉店のタイミングでたまたま足繁く通う機会ができて本当に良かった。

一方通行さん、これまでありがとうございました。またどこかでお店を出す機会があれば、お会いしたいです。

浦添市港川「鶏そば屋いしぐふー」鶏塩そばの美味すぎること。

勢理客に住んでいた頃、浦添港川の外人住宅街(ステイツサイドタウン)にあるいしぐふーが朝の7時半からやっていると聞いていつか仕事の前に朝そばをしたいなと思っていたのだが、引っ越ししてしまってからはほぼ忘れかけていた。

が、家族で遅い朝食を探して58号線をウロウロしていた時にふとここの事を思い出した。駐車場があるかが心配だったが、9時半という早い時間だったので問題なし。やっとの来店になった。

メニューは全て塩ベースの鶏そば。そういやここは沖縄そばではなく「鶏そば」の店なのか。味はそうそう変わらなさそうなので、自分は具で判断し鶏塩そばをチョイス(azutoroは特選そば)。


鶏塩そば(ネギ抜き)と特選そば。あと水餃子。

鶏塩そばが到着してまずそのあっさりしたシンプルな見た目に好感が持てたのだが、スープを一口啜ってみたら思った以上に優しい風味だわ、その割にしっかりと塩気を感じられるわで味も最高。いくら飲んでも飽きない味で、実際自分もazutoroもそれぞれスープを飲みほしてしまった。


このスープが本当に堪らない!!

他のいしぐふーの店舗と味の系統は同じだと思うけど、鶏で出汁をとるのもこんなにも美味いのだろうか。美味しすぎて1杯じゃ物足りないので、またすぐに行きたい。

浦添市沢岻「うちなぁそば青雲」で三枚肉そばを食べてきた

浦添・内間交差点から沢岻(たくし)の方へ向かう坂を登ると、登り切ったところの三叉路にポツンと沖縄そばの店がある。ずっと行ってみたかったのだがどうも車を止めるところが無いようで二の足。

どう考えても歩いて行く以外の方法が無いので、暑くないうちに行くかと坂を登ることを決意。内間交差点からヒィヒィ言いつつ坂を登ってそば屋へ。店の名前も知らなかったのだが、「うちなぁそば青雲」と言うらしい。


割と小さなお店。

店内はこじんまりとしていて席はカウンターのみ。6~7人分しか席が無く、自分が席に着いたらその時点で満員になってしまった。パッと見メニューが見当たらないので戸惑ったが、よくよく見たら壁にメニューが貼ってあった。自分はいつも通り三枚肉そばを注文。


三枚肉そば(大)(ねぎ抜き)とちょこっとじゅーしー。

味は鰹を効かせたとてもシンプルな味で、なかなかに美味い。全体として飾り気がなく素朴な仕上がりになっていることに好感が持てたのだが、実はネギ抜きと言わなかったら結構な量のネギを入れられていたようだ(ヒェー)。麺は自家製の手打ち麺でなかなかの歯ごたえ、この食感も嫌いじゃない。

美味しいやらお客さんが後ろで待っているやらで食がすすみ、あっという間に平らげてしまった。う~ん、交通の問題さえなければまた来てもいいんだけどな・・・。美味いのは確かなので、余裕のある人は通ってみてもいいんじゃないかな。

那覇市古島「ニシムイそば」で沖縄そばを食べてきた。

古島マルシェとその横に飲食店の施設が出来てからというもの、気になっていた「ニシムイそば」元々は八重瀬町にあったらしいが、全く知らんかった。

メニューは「ニシムイそば(ソーキそば)」と「古島そば(三枚肉そば)」の2つだが、自分はいつもの通り三枚肉の方を注文。一緒に行ったazutoroはソーキを注文。


ネギ抜き。三枚肉と一緒に入ってるのはヒラヤーチー

ビジュアルは満点、自分の好きなさっぱり風。すすってみたら味も◎だった。鰹出汁の味もしっかり聞いていて食べ応えがある。これはいいね。

ただ、azutoroのニシムイそばを見たらそれ以上に美味そうで・・・。

ソーキそばと三枚肉そばで出汁の色が明らかに違う。一口汁を貰うとこちらはこちらで濃い味がしてなかなかに美味かった。ていうか出汁はこっちの方が好きかも。ソーキが苦手なのでこっちの出汁+三枚肉でどうか一つ出して貰えないだろうか・・・。

本部町伊豆見「山原そば」で三枚肉そば食べてきた。

本部町東にある「島豚屋」というお店の沖縄そばがあまりにも美味そうだったので、ひたすらそこだけ目指して車を走らせたら、なんと休業日で閉まっていた。日曜だったのでそういう事も予想はしていたのだが、敢えてギャンブルを楽しんだ結果、当然のごとく馬鹿を見たカタチ。

まだ朝飯すら食べていないのにもう昼前。今更また遠くまで移動する余裕もなかったので、仕方なく来る途中にあった山原そばへ行くことにした。……って、いつも行列の超有名店に対して「仕方なく」というのもなんだが、予定になかったんだからやっぱり仕方ない。


この日も結構な人が待っていた。といっても回転が良いので20分程で入れたけど。

並んでまで食べようと思わない人なので、こんな機会でもなければ絶対に食べなかったであろう山原そば。せっかくなら楽しもうとわくわくで三枚肉そばを注文。


三枚肉そば。


azutoroはソーキそばを注文。

出汁は甘めで麺は太め。なかなか美味しかったが、う~ん並ぶほどかなという感じは拭えないかも。やはり自分は根夢(ごん)のような鰹がガッツリ効いたそばの方が好きだ。まぁ山原そばが好きな人はものすごく絶賛しているので、単に好みの差なんだろうけど。

それにしても食いたかったなー島豚屋。年内にもう一度行ってみようか。