【8267】イオン より 株主優待返金(2017/03/01~2017/08/31分)

イオン(8267)より第64回株主優待返金の引換証が届いた。

所有株は100株なので、返金率は3%。2017/03/31~2017/08/31の半年間の購入履歴とともに到着。いつもは大体15万~20万位の買い物で、5,6千円のキャッシュバックを貰っているのだが、今回は1万円弱とトビ抜けて多いのでびっくりした。

添付の購入履歴を見ると、確かにそれだけ買い物をしていたらしく…。もちろん意識してイオンで買い物を済ませるようにはしているが、この半年でそれを特に徹底しているワケでも無し。単純に無駄遣いが多かったんだろう…。

キャッシュバックのお金については家計に戻らず、ポッケナイナイで趣味の投資へと横流ししているから個人的には結果オーライ。いや、全然結果オーライじゃないよ!!出費は抑えた方がはるかにマシなんだよ!!……でもなぁ、出費を抑えて家計が潤っても投資額が上がるワケじゃないしなぁ…(ここで魔が差す)


半年、イオンだけで32万円超はさすがにやり過ぎ感が強い。でも…(悪い顔)

2017年9月末基準 資産状況

(今月の投資額)
 純粋な投資: 46,000円
   配当金:  2,872円
     計  48,872円

(総額)
国内個別株 :1,094,220円
外国個別株 :   98,708円
国内ETF :  565,615円
外貨(FX):   37,168円
現金    :    8,300円
     計 1,804,011円

(主なできごと)
・トルコリラ 100通貨購入
・南アランド 550通貨購入
・NZドル   20通貨購入
SMAMJリート(1398) 10口購入
MAXISトピックス(1348) 10口購入
日本駐車場開発(2353) 100株売却
ラウンドワン(4680) 100株売却
オンキヨー(6628) 100株売却
日産自動車(7201) 100株購入
AT&T(T)4株購入
・バンガードトータルワールドストック(VT) 1口購入
・SPDR S&P500(SPY) 1口購入
・バンガード米国高配当株式(VYM) 2口購入

今月の投資額は、通常の3万円に加えて、お小遣い的に入った収入1.6万円の計4.6万円。うち1万円は久しぶりの外貨購入に充てることとし、初めてのトルコリラを含む数種類を適当に購入。

SMAMJリートは、REIT銘柄が全体的に下がっている+自分が未保有という理由で購入。MAXISトピックスは著書、「ETFはこの7本を買いなさい」に記載のオススメ銘柄に入っていたので購入。分配金の成績を見る限りでも悪くなさそうだった。

ラウンドワンは、購入時価額の3倍になり、株価に対しての利回りに魅力を感じなくなったので、売却。合わせて日本駐車場開発とオンキヨーの低位株も売却。代わりに現在5%弱と高利回りになっている日産自動車の株といくつか米国ETFと株を購入。

2017年8月末基準 資産状況

(今月の投資額)
 純粋な投資:      0円
   配当金;  3,022円
     計   3,022円

(総額)
国内個別株 :1,123,320円
外国個別株 :   24,988円
国内ETF :  520,440円
外貨(FX):   27,515円
現金    :    9,274円
     計 1,705,537円

(主なできごと)
・先月~今月で家計支出が激しく、追加投資は無し。
・8月はETFの分配金ラッシュ。19銘柄。
投資額は配当金のみなので今月の購入は無し。単純に現金に計上。


2017年7月末基準 資産状況

(今月の投資額)
 純粋な投資: 30,000円
   配当金;    147円
     計  30,147円

(総額)
国内個別株 :1,135,830円
外国個別株 :   25,448円
国内ETF :  523,295円
外貨(FX):   27,190円
現金    :    5,780円
     計 1,717,543円

(主なできごと)
[2681]ゲオ 100株売却
[1821]三井住友建設 100株売却
[8697]日本取引所 100株購入

昨年に引っ越しをして以降ゲオが近くになくなったためレンタル半額優待は全く利用しなくなったこと、また三井住友建設は株式併合(500→100)により手元の100株が単元未満となってしまったことで売却。三井住友建設の株は横浜のマンション問題で下がった後に買って、それからじわじわと上がり続けているため手元に置いておきたい気もするが、400株買い増しに5万超かかるので断念。2者の売却で得た現金にちょい足しして以前より買いたいと思っていた日本取引所(東証)の株を買った。

日本取引所=東証、大証なんだから倒産するわけないし、購入時でも配当利率2.5%超えてるし、優待は3000円分のクオカード(注1)という太っ腹ぶりだし文句ないでしょう。

※当記事は、言うまでも無く素人の浅慮です。
(注1)2017年9月時点の保有者対象。それ以降は継続期間の保有年数に応じて贈呈すると発表されました。