2019年7月末資産状況

(今月の投資額)
 純粋な投資: 35,000円
   配当金:    270円
   その他:      0円
     計: 35,270円

※他・国外株配当金:2.97USD

(総額)
国内個別株 :1,102,760円
外国個別株 :  555,502円
国内ETF :  624,375円
外貨(FX):  154,482円
投資信託  :   63,527円
現金    :    3,222円
     計 2,503,868円

(主なできごと)
・(投信)レオス-ひふみプラス 毎日100円分積立 継続中 → 買付1万円分を売却
・(投信)SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)毎日100円分積立 継続中
・[RWX]SPDRダ ウインター リアル エステートETF 10口 購入
・[ZMLP]DirexionザックスMLP高配当インデックスETF  4口 購入
・TRY 139通貨 購入

月次の投資金と、前月の繰り越しで、RWXを10口購入がメイン。後は、米国株取引の最低手数料(5ドル)が撤廃されたため、今溜まっているドル配当で、低価格ETFのZMLPを買える分だけ勝ってみた(4口)

米国市場相手の取引がしやすくなったので、暫くは米国株の高配当ETFを買い続けて配当を増やし、少しでも溜まったらまた別のETFを買い足す・・・の繰返しでいきたいと思う。

iシェアーズ関連ETFの残余財産給付金が届いた

良く分からないが、iシェアーズ・ETFを運用している(?)ブラックロックが、商品の見直しを理由に今まで出してたETFを殆ど廃止にするとのこと。

1月22日に上場廃止(最終売買日19日)、3月5日に残余財産給付開始とあり、恐らく上場廃止前に売ってしまった方が良いのだろうけど、この後の流れが面白そうなのでそのまま持ち越します。

今年1月末基準の資産記録報告で、こんな事を述べていた。その言葉通り、連絡のあったETFについては最終売買日もそのまま持ち越ししていたのだが、記述通り3月5日にこんなものがきた。


残余財産給付金領収書

ようはこの紙きれを郵便局に持ってって金に換えて来い、ということらしい。証券会社の口座に入れるんじゃないのか。ちょっと面倒だ。

ちなみに「持ち越しすると損するような気がする」と思っていたのだが、蓋を開けてみたらちょいプラスだった。とにかく大損してなければいいさ。

※()は受取額
[1361] (22472)iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF-JDR 2口
[1362] ( 7322)iシェアーズ 新興国債券ETF-JDR 1口
[1581] ( 7408)iシェアーズ 先進国株ETF-JDR 1口
[1587](13555)iシェアーズ 米国超大型株ETF-JDR 1口
[1589] (10005)iシェアーズ 米国高配当株ETF-JDR 1口
[1590] ( 8489)iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF-JDR 1口

しめて69251円。これに毎月の投資額3万を足せばほぼ10万円か。結構まとまった額になったが、どう使おう。パッと思いつくのはまだ全然ウェイトを閉めていない米国株と外貨(FX)。早く換金していつでも買えるようにしておかなくては。