東京旅行 20180415(日)3日目 その3 浜松町から「讃岐小白稲荷神社」「芝大神宮」「佛願寺」


東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」
東京旅行一日目(20180413)その4 日本橋「小網神社」
東京旅行一日目(20180413)その5 日本橋「水天宮」
東京旅行一日目(20180413)その6 中日-横浜 in 浜スタ
東京旅行一日目(20180413)その他
東京旅行二日目 (20180414)
東京旅行三日目(20180415)その1 築地「波除神社」
東京旅行三日目(20180415)その2 虎ノ門「金刀比羅宮」

金刀比羅宮(+秋葉原)を回ってもまだ10時半過ぎという状況だったが、以前も書いた通りもうヘトヘトに疲れていたので空港方面へ。浜松町駅すぐ近くにある、讃岐小白稲荷神社が気になったので寄ってみた。

これが、間違いだった。


浜松町駅周辺でも、神社の周りは静かだった(休日だからかな)


鳥居をくぐってすぐ参拝所という小さな神社。

社務所が開いてなかった。

いや、開いてなかっただけなら別に “今回は縁が無かったんだね~” で済むのだが、社務所に芝大神宮にて授与しております」と張り紙してあって・・・いかないワケには行かなくなった。場所を調べてみたら、10分程度歩けば行けそうな距離。

タクシーを使おうと思ったが、タクシーのつかまりそうな通りに出た頃には残りの距離が超ハンパ。仕方なく重い荷物を持って最後まで歩いたよ・・・。


芝大神宮が遠くに見えてきた地点。通りの突き当たりに石段があるの、カッコいい。


街中にあるというのに、雰囲気あるわ。

着いた時は式を挙げている最中だったので、ひょっとすると貰えないかもと思ったのだが、社務所には別に人が居たので普通に貰えた。

もちろん、讃岐小白稲荷神社の分も。

※ここで讃岐小白稲荷神社の御朱印・芝大神宮の御朱印を貼りたいのだけれども、現在紛失中(泣)見つけ次第貼る予定。

この時点で気力もゼロに近かったのだが、芝大神宮のすぐ近くに佛願寺というお寺があったのでこれで最後だと言い聞かせて寄った。


可愛らしい参拝所(?)に富んでいて面白かった。


キャラクター名は忘れたが、こんな可愛いのも頂いた。

と、まぁ・・・駅近くでちょこっと御朱印を貰うだけのつもりが大変な運動になってしまった。

これでもまだ11時だったので、一瞬平和島競艇ぐらい寄ろうかとか浮かびはしたものの、もう無理だと思い空港へ。お土産を買う時間をたっぷりとって、のんびり過ごしましたとさ。


遠くに増上寺が見えるが・・・行ったこともあるのでもうバイバイ。無理。

以上!4年以上ぶりの東京は相変わらず楽しかった!!

東京旅行 20180415(日)3日目 その2 虎ノ門「金刀比羅宮」


東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」
東京旅行一日目(20180413)その4 日本橋「小網神社」
東京旅行一日目(20180413)その5 日本橋「水天宮」
東京旅行一日目(20180413)その6 中日-横浜 in 浜スタ
東京旅行一日目(20180413)その他
東京旅行二日目 (20180414)
東京旅行三日目(20180415)その1 築地「波除神社」

前に触れたとおり、築地の波除神社を参拝した後、

築地市場(大江戸線)汐留(ゆりかもめ)新橋(銀座線)虎ノ門 と、1駅移動を3連発して虎ノ門へ。虎ノ門駅を出てすぐのところに、虎ノ門・金刀比羅宮がある。

虎ノ門はオフィス街なので仕事で用が無ければ全く行くことは無い。恐らく初めて来たと思うのだがこんなところに神社があるなんて調べてみるまで全く知らなかった。金刀比羅宮は境内の一部がオフィスビルの下に入っているのだが、ビルと鳥居と社が妙にマッチしていて見応えがあった。


オフィスビルの真下にある鳥居。意外と悪くないんじゃ?


鳥居を軒下から。薄暗くはあるけれども天井が高いからちょっと心地よい。


社は外にあるが、周りは高層ビルに囲まれている。だからこそ境内に安らぎがある気もする。


正面から。

さて、御朱印。金刀比羅宮は綺麗な御朱印帳もあるので、そこに書いてもらった。


御朱印表紙。このデザイン自体は見覚えがあり、いつか欲しいと思っていた。


裏表紙も金糸を使って丁寧に仕上げている。とても綺麗。


御朱印。写真じゃ分かりにくいが御朱印帳の紙がとても質が良い。

波除神社とこの金刀比羅宮は最初から行くつもりだったのだが、その後についてはいくつか候補があるだけで確定はしていなかった。ここで俺の出した結論は・・・「帰る方向でちょっとどこか寄る」

いやもうね、疲れちゃってさ。明治神宮行くかとか、秋葉原寄るかとか、江戸川競艇見てくるかとか色々考えてたんだけどもうそこまでの気力が無かった。

あ、秋葉原には行ったよ?駅から一歩も出なかったけど。

久々に、総武線のホームにあるミルクスタンドに寄りたくて。週末やる事無い時はよく秋葉原行ってたけど、いつもミルクスタンドでいちごミルクを2本飲んでから改札を出でたね。


相変わらずで何だかホッとした。この日も当然のように2本。

ここからはもう帰る方面でちょこちょこ寄るだけ。浜松町に気になる神社があったのでそこまで・・・。

東京旅行 20180415(日)3日目 その1 築地「波除神社」


東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」
東京旅行一日目(20180413)その4 日本橋「小網神社」
東京旅行一日目(20180413)その5 日本橋「水天宮」
東京旅行一日目(20180413)その6 中日-横浜 in 浜スタ
東京旅行一日目(20180413)その他
東京旅行二日目 (20180414)

社用も済ませて、後は飛行機の時間まで完全フリーの3日目。

時間がもったいないので8時前には銀座のホテルを飛び出してた。まず最初に向かったのは築地の波除神社。ホテルから目の前の通りをほぼ一直線に歩いて行った先にあり、前日まで歩いて行こうか迷っていたのだが当日は残念ながら大雨。タクシーで向かうことにしたら、5分もしないで到着。

波除神社は築地市場の外側の通り、その突き当たりにあって周りは静か。妙に雰囲気があった。

ちょっと誤算だったのは、波除神社の社務所が開くのが9時からだったこと。

まだ1時間もある。何とか時間を潰そうと境内を歩いても一瞬、築地市場を見て回っても一瞬、仕方が無いので朝食を取ることにした・・・築地は無駄に割高なんであまり気が乗らないのだが、仕方ない。


お参りをしても、


境内を見て回っても、(写真はお歯黒獅子)


雨の市場を見て回っても、


時間が余る。もう食べて過ごすしかない。マグロ丼を注文したが、正直普段から赤身しか食べないので・・・。

で、何とか時間を潰して再度波除神社に向かったワケだが、それでも時間が余ったので社務所の前でまた10分程待つ。その間、神社の人が横を通って社務所に入っていったので、向こうからしたら “うわ、朝から待ってるよ・・・” という気持ちだったろう。すんません。

で、色々あったけども、ようやく御朱印を頂けた。頂けたのは、神社のものと弁財天の2つ。いずれも日付以外はスタンプ式。なかなか綺麗。

さて、お次は・・・

東京旅行 20180414(土)2日目

東京旅行2日目・・・と言っても、本来は旅行じゃなくて “出張” この日の日中は本当に仕事だけしていたので、特に大きな事は無い。仕事中、麻雀仲間のアイツ(U929)から連絡が来たので少しは遊んだけれども。

以下、撮ったものをちょろちょろ。


昼飯時間、外をウロついてたら「日本銀行創業の地」に遭遇。とても地味な所にあるので普段歩いてて気づいていない人も多いはず。


これだ!という飯屋が見つからなかったので、適当なインドカレー屋(ターリー屋)で食べた。チェーン店らしい?が、まぁまぁ美味かった。

夜、どこで打とうか話し合った結果、フリーではなく仕事場から近い健康麻雀(ニューロン)で打つことにした。ニューロン船橋校(ジョイ)で知り合った人が両国校を開校していたというのもあり、5年ぶりに会えた人もいた。本当はジョイにも顔を出したかったのだが・・・遠くて叶わなかった。


両国校は地下鉄両国駅から直ぐの好立地。これなら客足は大丈夫だろう。

麻雀の後は秋葉原の山ちゃんで手羽先たらふく食ってお別れ。銀座に予約したカプセルホテルに戻って就寝。カプセルホテルは初めてだったが、元々どこでも寝れる人なので何も気にならなかった。今後はカプセルホテルでも良いな。


“ホテルは寝に帰るためだけの場所” という人には何の問題もない。快適。

~ 終 ~

東京旅行 20180413(金)1日目 その他


東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」
東京旅行一日目(20180413)その4 日本橋「小網神社」
東京旅行一日目(20180413)その5 日本橋「水天宮」
東京旅行一日目(20180413)その6 中日-横浜 in 浜スタ

東京旅行一日目のその他諸々。

東京着いて真っすぐ向かったのは東京駅。丸の内に北洋銀行の東京支店があり、そこで札幌時代に作った口座を解約。ついでに船橋時代に作ったUFJの口座も丸の内支店で解約。ちなみに2つの口座を解約して入ったお金はたった400円。


地銀の東京支店となると利用者も限られてるのか、オフィスの一角の小さな事務所という感じ。


一方UFJはさすがメガバンクという感じ。オフィス街の支店は立派。

「日本橋日枝神社」から「小網神社」へ向かう途中ふと見覚えのある建物が視界に入った。東京証券取引所(JPX)ここが見学できるという事を、東京に居る時に知っていればなぁ・・・・。

宿泊したのは錦糸町のスーパーホテル。スカイツリーが見える眺望の良い部屋を選んだのだが、殆ど部屋に居なかったのでどうでもよかったかも。


野球観戦から戻ったのは23時過ぎなのでライトアップも見てない。

あ、もちろんちゃんと打ってきましたよ!?23時にホテルに帰ってきたと思いきやソッコーでNEW千点棒へ。成績の方はいつものコチラに・・・。

以上。

中日-横浜戦in横浜球場(東京旅行 20180413(金)1日目)その6


東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」
東京旅行一日目(20180413)その4 日本橋「小網神社」
東京旅行一日目(20180413)その5 日本橋「水天宮」

「水天宮」を出たのが15時半頃。そこから錦糸町のホテルでチェックインを済ませ、しばしボーっとする。が、ずっと呆けているワケにはいかない。今日のメインは関内に。

浜スタで、野球観戦!!!


関内駅からの歩きで、見慣れたあの景色が・・・!


久しぶりやーー!!

この日のカードは中日・小笠原慎之介vs横浜・石田健大。今年から中日に入った松坂や、去年日本シリーズで活躍した今永濱口が見れるかなーと期待していたのだが、さすがにそうはいかなかった。

まぁ関係ないよ、俺はこの新しく改装されたスタジアムとバックスクリーンが見たかったの。そして何より、生の観戦がしたかった。


う~ん、気持ちがいい!!


昔来た時よりも、色々と綺麗になっている気がする。


LED照明が眩しい。そういやベイの内野が誰か、フライでボールを見失ってた。

当日は昼から多少肌寒い位で歩くのに丁度よい気候だったのだが、夜になるとさすがに寒くなるし、球場は風もあるので結構冷える。でも、自分はこういう環境で試合を見るのが好きなので絶好の観戦日和だった。

そんななか良い気持ちで試合を見ていたのだが、試合自体も3回も逆転するなどかなり波乱の展開でなかなか面白かった!一応、横浜を応援しているので気持ちはホーム。場内の盛り上がりも本当に楽しい。ファンも球団も、昔と全然違うんだもん。びっくりだよ。

横浜は宮崎、中日はビシエドのホームランが見れたし、現地で見たかった沖縄の3人(横浜・嶺井神里と中日・又吉)も見れたし、ヤマヤス・・・は見れなかったけどクローザー井納という不思議なものを見れたし笑 もう満足も満足。大満足よ。


ヒーローは大和と倉本。大和はFA移籍後初のお立ち台だったらしい。


試合終了後に惜しげもなく花火を飛ばしていた。球場内煙まみれ。

いやー本当に楽しかった。野球観戦はほんと、1人でも全然楽しい。船橋に住んでた頃にもっと観に行けば良かった。所沢・・・はさすがに厳しいけど、水道橋・神宮・横浜・幕張は全然行けただろう。

次、本土で試合を観れるのはいつになるのか・・・そしてどこなのか。全く見当がつかないけど、できるだけ早く、また観に行きたい。野球最高。

【御朱印】日本橋「水天宮」で御朱印三昧(東京旅行 20180413(金)1日目)その5


  東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」
  東京旅行一日目(20180413)その4 日本橋「小網神社」

今日の宿は錦糸町なので、「小網神社」からはまた徒歩5、6分歩いて半蔵門線・水天宮駅を目指す。と、ここで水天宮を挙げている以上もちろん水天宮には行く。

水天宮には以前参拝に行ったことがあるのだが、その時はたしか新しい社を建設中で、一時的に建てた仮の社務所で御朱印を貰った筈。新しい社はどうなってるのかなとわくわくしながら歩いて行くと・・・。


で、デケェ・・・・

こんなにデカい建物とは思っていなかったのでびっくり。中に入ってみたら参拝所以外の建物は近代的だし、なかなかかっこいい。社務所も綺麗で、大きな寺社にはありがちなシステマティックさも感じられた。

これは御朱印を先に頼んでから参拝に行った方がいいなと思い、社務所に先に行ったら御朱印が全部で5種類も。やっぱり先に来て正解、と思ったら書き終わるまでその場で待たされた。


「どれに致しますか」と聞かれたが、せっかく来たので「全て」と回答。1つ500円。うぐぅ・・・。

その場で水天宮・弁財天(日本橋七福神)を書いてもらい、江戸鎮座二百年記念限定の水天宮・弁財天と、福・弁財天の3つは書き置きで頂いた。お金がだいぶトンでしまったが、どれも綺麗なので後悔は無い。(今月の生活は怖いが)


端正が取れている近代的な境内。こういうのも結構好き。


その反対側。社務所は左奥。金、持ってんなぁ~。


弁財天も参拝。綺麗。

東京へ出る前、御朱印対策としてガマ口にいっぱい百円玉を詰めていたのだが気づけばもう半分。御朱印というのは本当にお金のかかる趣味だ。今日はひとまずこの辺にして、ホテルへと向かおう。

【御朱印】日本橋「小網神社」で小銭洗ってきた(東京旅行 20180413(金)1日目)その4


  東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」

次の目的地は「日本橋日枝神社」から歩いて5分の場所にある、「小網神社」ここは別名“東京銭洗い弁天”と呼ばれていて、ずっと行ってみたいと思っていた場所。鎌倉の宇賀福神社(銭洗弁財天)と違って広さはなく、こじんまりとしているけどこれはこれでなかなか良い雰囲気。


御覧の通り、奥行きは無くとても狭い。


御朱印をお願いしている間に、銭洗い場で早速銭を洗う。洗い場もざるも小さくてかわいい。

“清めた硬貨はお使いにならず財布の中に納めておくと「種銭」となって新たなお金を呼び、財運向上の御利益があると云われています”

と、あるので洗った硬貨は大事に取っておこうと思っていたのだが、先々で買い物をする際にうっかり使って、その日で無くなった。バカだねぇほんと。

さて、御朱印。


小網神社の御朱印。なかなか凝った朱印でかっこいい。


小網神社の奉る弁財天の御朱印も頂く。達筆。


これは不思議なんだが、日本橋七福神を担当していて、そちらは福禄寿。もしや御朱印の種類を増やす為に敢えて?

小網神社は観光客にも人気があるのか、外国人の方や女性だけで来ている人がいっぱい居た。ただ誰も銭を洗おうとはしていなかったので、ひょっとするとその点の知名度は無いのかも(じゃ、一体何でここを知ったんだろうとは思うが)東京に住んでいる人は、是非とも一度寄って、銭を洗って貰いたい。

【御朱印】茅場町「日本橋日枝神社」で御朱印を頂いてきた(東京旅行 20180413(金)1日目)その3


  東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」

「三田製麺所」を出た時点で14時半。さぁすぐ次だ次。大通りに出て手を挙げてタクシーに乗る。ここから日本橋まではそう遠くない。タクシーでも千円で収まることはリサーチ済み。向かったのは「日枝神社(山王御旅所)」

「日枝神社」と言えば赤坂だが、日本橋は摂社として山王さんが鎮座している。赤坂には昔に参拝済みなので、ここも行かないワケにはいかないだろうとの判断。赤坂と違って境内も小さく、高層の建物に囲まれていてなかなか気づきにくい所にあるので車で通るにしても意識していなければ見つけられないかもしれない。


東京にはこういうお寺、神社も多いんだろうなぁ。

社務所で御朱印帳を預けてからお参り。

一通りお参りが済んだ所で、御朱印を受け取る。


赤坂の御朱印には無い「山王御旅所」の字が入っている。

東京来てやっとこさ御朱印1つ。しかし、勝負(?)はこれから。すぐに次の神社へ・・・。

神田「三田製麺所」濃厚魚介豚骨つけ麺!! もう満腹(東京旅行 20180413(金)1日目)その2


東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」

神田・「炎麻堂」で麻婆豆腐定食を食べた(記事)直後、神田駅を挟んですぐ向かいの「三田製麺所」神田店へダッシュ。

三田製麺所も、東京で働いてた頃に散々食べた。沖縄では魚介豚骨つけ麺で似た味といえば「三竹寿」があるし、三田製麺所に負けない位美味いのだが、やはり長らく食べていない方が気になってくる。やっと来れたよもう。


ちゃんと、「ネギ抜き・アツモリ」って伝えたぜ!

う~ん、美味い!魚介が強く効いていてるとどうしてこんなに美味いのか。麻婆豆腐でいっぱいのお腹に、いとも簡単に麺が入ってくる(さすがに並盛にしたが)食い終える頃はさすがにウププとなったが、問・題・無し!!

さて、お腹はタプタプで大分苦しいがなにぶん自分には時間が無い。食い終わってすぐに店を出て、次の地へ・・・(続く?)

神田「炎麻堂」でひっさびさの麻婆豆腐定食(東京旅行 20180413(金)1日目)その1

後でまとめて説明するが、ちょっと東京行ってた。

昼前に羽田に着いて真っすぐ東京駅へ行き、丸の内で所用を済ませた時点で14時前。まずい、これは間に合わなくなると神田駅まで走る。「炎麻堂」の麻婆豆腐定食がどうしても食べたいのだが、調べてみると14時半がラストオーダーとあったので走らずにはいられなかった。

昔は良く赤坂と神田でこの麻婆豆腐定食を食べていた。ここの麻婆豆腐は山椒がしっかり効いていて本当に美味い。残念ながら沖縄ではまだここまで美味しい麻婆豆腐には会えていない。

ずっと、我慢してた。


なんか外観がファンシーになっているような気がする・・・大丈夫か?

ちょっと外観が軽くなっているような気がしているので心配したのだが、店内は特に変わった様子もなく。一応、メニューを開いては見たものの、もう麻婆豆腐以外のものを食べる気は全くないですぐに閉じて注文。待ちに待った時間がやってきた。


うん、変わってない。

辛さは1~5の5段階あり、昔は仕事の合間では2、仕事がない時は4を選んでいた。ここは是非4を選びたいのだがこの後もあるので3でセーブ。相変わらず山椒をガンガンに効かせていて美味い!!

ちなみに、ご飯とスープはおかわり自由。いつもの自分だったらごはんもスープも間違いなくおかわりするのだが、今日はこの後駅を挟んですぐに行くところがあるのでおかわり無し。

それにしても炎麻堂は相変わらず美味かった。東京へ行くたびに食べたいので、ずっと続けていて欲しい。