【本】「瑕疵借り」/松岡圭祐

 「瑕疵借り」松岡圭祐

タイトルで目を惹かれ、次に帯を見たら“大島てる推薦!” の文字。やっぱり瑕疵物件がテーマの小説なのだと分かり、なおさら気になって買った。

ちょっと怖い話なのかなと思ったが、読んでみたら全編変わったミステリーでなかなか面白かった。全話共通のキーマン「藤崎」が主人公ではないのも新鮮な感じがする。

各話とても読みごたえがあり、結末も良かったのだが唯一分からないのが「藤崎」自身の素性。それだけ頭がキレるのになぜ職が見つからず瑕疵借りをやっているのか。そもそも、どういう経緯で瑕疵借りになったのか――――。

その辺が一番気になるので、是非とも続編を書いて、藤崎自身が主人公となる話が読んでみたい。

コメントを残す