【本】「総力捜査」/安東能明

 「総力捜査」安東能明


※これまでのシリーズは以下の通り。
 「撃てない警官」 (記事)
 「出署せず」 (記事)
 「伴連れ」 (記事)
 「広域指定」 (記事)
 


ようやくここまで来た。

安東能明の柴崎警部シリーズ5作目になるが、そもそもこのシリーズを読もうと思ったのは、ツタヤに置いてあった「総力捜査」が不思議と気になったから。それで “まずは1作目を読んでみよう” から始まった。

「総力捜査」の本の帯には「柴崎警部に“相棒”誕生!」と書いてあったが、これは半分当たりで半分ハズレ。ただしこの半分ハズレがかなり良い。柴崎からすれば相棒というより厄介な相手が増えただけで、気苦労は相変わらずという展開が最高に面白い。

作者の安東能明も、読者がその辺を面白がっているという事にようやく気付いたのか、今回は “相棒” からの突然の無茶ブリや、助川からの事前相談無しのブッコミなど、ついつい吹き出してしまうシーンが多々あった。

それだけでなく本編もかなり熱い。坂元・助川はいつの間にか高野の事を心から仲間として信じるようになっているし、柴崎により大きな信頼を寄せるようになっている。あと、現場主義の助川があそこまで戦闘力が高いとは・・・。

5作目にして各キャラクターもギャグ(?)もピークに来ているような気がするのだが、シリーズとして今後もやっていけるのだろうか。ある意味心配だ。

コメントを残す