【御朱印】日本橋「水天宮」で御朱印三昧(東京旅行 20180413(金)1日目)その5


  東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」
  東京旅行一日目(20180413)その4 日本橋「小網神社」

今日の宿は錦糸町なので、「小網神社」からはまた徒歩5、6分歩いて半蔵門線・水天宮駅を目指す。と、ここで水天宮を挙げている以上もちろん水天宮には行く。

水天宮には以前参拝に行ったことがあるのだが、その時はたしか新しい社を建設中で、一時的に建てた仮の社務所で御朱印を貰った筈。新しい社はどうなってるのかなとわくわくしながら歩いて行くと・・・。


で、デケェ・・・・

こんなにデカい建物とは思っていなかったのでびっくり。中に入ってみたら参拝所以外の建物は近代的だし、なかなかかっこいい。社務所も綺麗で、大きな寺社にはありがちなシステマティックさも感じられた。

これは御朱印を先に頼んでから参拝に行った方がいいなと思い、社務所に先に行ったら御朱印が全部で5種類も。やっぱり先に来て正解、と思ったら書き終わるまでその場で待たされた。


「どれに致しますか」と聞かれたが、せっかく来たので「全て」と回答。1つ500円。うぐぅ・・・。

その場で水天宮・弁財天(日本橋七福神)を書いてもらい、江戸鎮座二百年記念限定の水天宮・弁財天と、福・弁財天の3つは書き置きで頂いた。お金がだいぶトンでしまったが、どれも綺麗なので後悔は無い。(今月の生活は怖いが)


端正が取れている近代的な境内。こういうのも結構好き。


その反対側。社務所は左奥。金、持ってんなぁ~。


弁財天も参拝。綺麗。

東京へ出る前、御朱印対策としてガマ口にいっぱい百円玉を詰めていたのだが気づけばもう半分。御朱印というのは本当にお金のかかる趣味だ。今日はひとまずこの辺にして、ホテルへと向かおう。

「【御朱印】日本橋「水天宮」で御朱印三昧(東京旅行 20180413(金)1日目)その5」への1件のフィードバック

コメントを残す