【御朱印】日本橋「小網神社」で小銭洗ってきた(東京旅行 20180413(金)1日目)その4


  東京旅行一日目(20180413)その1 神田「炎麻堂(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その2 神田「三田製麺所(神田店)」
  東京旅行一日目(20180413)その3 茅場町「日本橋日枝神社」

次の目的地は「日本橋日枝神社」から歩いて5分の場所にある、「小網神社」ここは別名“東京銭洗い弁天”と呼ばれていて、ずっと行ってみたいと思っていた場所。鎌倉の宇賀福神社(銭洗弁財天)と違って広さはなく、こじんまりとしているけどこれはこれでなかなか良い雰囲気。


御覧の通り、奥行きは無くとても狭い。


御朱印をお願いしている間に、銭洗い場で早速銭を洗う。洗い場もざるも小さくてかわいい。

“清めた硬貨はお使いにならず財布の中に納めておくと「種銭」となって新たなお金を呼び、財運向上の御利益があると云われています”

と、あるので洗った硬貨は大事に取っておこうと思っていたのだが、先々で買い物をする際にうっかり使って、その日で無くなった。バカだねぇほんと。

さて、御朱印。


小網神社の御朱印。なかなか凝った朱印でかっこいい。


小網神社の奉る弁財天の御朱印も頂く。達筆。


これは不思議なんだが、日本橋七福神を担当していて、そちらは福禄寿。もしや御朱印の種類を増やす為に敢えて?

小網神社は観光客にも人気があるのか、外国人の方や女性だけで来ている人がいっぱい居た。ただ誰も銭を洗おうとはしていなかったので、ひょっとするとその点の知名度は無いのかも(じゃ、一体何でここを知ったんだろうとは思うが)東京に住んでいる人は、是非とも一度寄って、銭を洗って貰いたい。