浦添市宮城「お食事処ふくや」でカツ丼を食べてきた。

お昼休み。久しぶりに外で食べようと思い立ち、ずっと気になっていた勢理客の「大衆食堂 泉」へ向かったのだがいつの間にか閉店していて弁当の販売だけになっていた。(その弁当販売もそろそろ・・・な雰囲気)

仕方がないので「麺や偶(ぐう)」でも寄ろうかなと思った時、その手前で食堂が視界に入った。「お食事処ふくや」そうだ、ここも行きたいと思っていたのだ。ラーメンよりはお米が食べたかったので迷わず入ることにした。※ちなみに今「麺や偶」について調べたらここも閉店してたみたい。

どこの食堂でも「カツ丼・玉ねぎ抜き」が注文できればそれで良いのだが、この店はメニューが豊富で自分でも好きそうなのがチラホラあったので迷った。が、よくよく探してその中にカツ丼があったので、タマネギ抜きを付け加えて注文。いつも通り。


ゆしどうふ定食・白身魚フライ・とりからあげ・ふくやランチ(何だ?)辺り気になったが。


“島とうがらし不作のため、入手できない。持参してください” という旨の張り紙が。

少し待ってカツ丼が来た。ここが沖縄の食堂であること、まわりが肉体労働の兄ちゃんばかりであることを考えるととんでもない量が出てくるのではないかと心配はしていたのだが、“なんとか食えないこともない程度のとんでもない量” だったので安堵(安堵!?)もうひたすら食べたよ・・・。

味はかなりの濃い目でソースっぽい感じすらあるが、自分は好きだなーこの油っぽさ。午後の仕事が辛くなりそうな量に重さだったけど、これこそザ・沖縄の食堂だし何の文句もない。これで、OK!!


ニンジンたっぷりの沖縄らしいカツ丼。玉子の下はお米がたっぷり。

こんなところにも沖縄の食堂はまだ生きてるんだなーと感じて嬉しくなったのだが、午後の仕事では本当に使いものにならなくなってしまったのは問題だろう。昼時に行くのはもうNGかもしれない。