【本】「伴連れ(ともづれ)」/安東能明

「伴連れ」安東能明

「撃てない警官」記事)・「出署せず」記事)ときて本作、安東能明の柴崎警部シリーズの3作目。

2作目では女署長・坂元の登場が作品を盛り上げたが、この作品では一見頼りない女性警官・高野が登場し、物語のキーマンとなっている。この高野が冒頭からかなりぶっ飛んだキャラをしていて、てっきりトラブルメーカーとして扱われるのかと思っていたのだが・・・話が進むにつれ、持ち前のマイペースさが捜査に良い方向にはたらくという流れ。なかなか面白かった。

ここまでクローズアップしたからには3作目だけに留まらず後のシリーズでも活躍して欲しいと思うのだがどうだろうか。「広域指定」「総力捜査」でも出てくるといいな・・・。

コメントを残す