【本】「出署せず」/安東能明

 「出署せず」安東能明

以前読んだ「撃てない警官」の続き。続き、といっても登場人物が同じなだけで前作同様短編集に変わりないし、この作品から読んでも全然問題ない。主人公の名前をとって、“柴崎警部シリーズ” と呼ぶのがふさわしいのかな。

前作と大きく変わったのは署長に女性が就任した点か。前作では署長なんてクローズアップされることは無かったが、本作では物語に大きく関わってくる。といっても物語全体の色を変えるほどではなく、ほどよいスパイスになっていると思う。

びっくりしたのは前作でとても魅力的だった副署長の助川やヤリ手のデカに思えた浅井が意外にヤなヤツに映った点。人間らしさが感じられると言えばそれまでだが、あそこまで署内がギスギスしてていいのだろうか。柴崎もホント大変だな(笑)

コメントを残す