【本】「撃てない警官」/安東能明

「撃てない警官」安東能明

ツタヤで文庫のコーナーを見ているといつも「総力捜査」という本が気になってしまうのだが、厚さがあるために “(読むの)疲れそうだな”と敬遠していた。

ただ、この本がシリーズものの最新作だという事は分かっていたので、ふとシリーズの最初の本はどれかなと調べてみたら、比較して厚くないこの本がその1作目だった。

ここでまた、じゃあこの1作目から入ってみるかどうかで迷っていたのだが、最後に背中を一押ししたのは作者・安東能明の著作歴。清々しいほど刑事モノしか書いてない。 池井戸潤が書く銀行小説が毎度毎度面白い事を考えれば、この人の刑事モノもまた間違いないのだろうと確信。

 

「撃てない警官」は2日で読み終わった。全編とおしの長いストーリーなのかな、と思ったら中身は一応続きものではあるが各話で一応の解決する短編の連続だった。区切りが短くリズムが良いため、逆に止め時が分からず次へ次へと一気読みしてしまった。池井戸潤の本を読んでる時のリズム感に近いので、慣れもありあまり疲れも感じなかった。

刑事モノなんて読んだ事無いし、自分に合わなかったらどうしようと思ってたが、杞憂だったな。そっち方面の知識に明るくないといけないという事も無く、話も分かりやすい。1作目は主人公の行く末や、周りの気になる人物の本性など、重要な要素については全て含みを持たせたまま終わっていたが、これはとても良い意味で “ズルい”。ちょっと嫌なのはそれがシリーズ最新作まで十分に引っ張っていそうな点ぐらいかな。

「撃てない警官」「出署せず」「伴連れ」「広域指定」「総力捜査」と続くと考えると気が重いが、もう決めた。全部読むよ。

「【本】「撃てない警官」/安東能明」への3件のフィードバック

コメントを残す