新潟県燕市から「漆磨(シーマ)」のふるさと納税返礼品

ついに、何のゆかりも無い市町村にふるさと納税をしてしまった・・・。

新潟県燕市の返礼品に、「漆磨(シーマ)」という自分がずっと欲しいと思っていたコップが出ていて、我慢が出来ずについついやってしまった。


控えめだけど鮮やかな漆の輝きが渋くて・・・(相変わらず写真じゃ伝わらん)

いつもパレット久茂地で手にとっては「いやいや、コップに金かけても…」と戻していたのだが、1万円の納税で貰えるならとポチ。買うと7千円位するのでお得な感じ。

新潟県・燕三条の研磨技術で磨き上げたコップの外側を、石川県・山中漆器の鮮やかな漆塗りと金沢金箔で彩っているそうだ(あと、福井の越前和紙のコースターも付いていてとってつけたように日本三大産地の匠の技が~とか書いてた)

ちなみにこのコップ、燕三条の研磨技術によって内側下部には「泡を作る螺旋(螺旋)状の磨き筋」を残し、内側上部にかけて「泡を細かくクリーミーにするための磨きこみ」がなされてるとかで、結果ビールの泡を細かくクリーミーにするとか。まぁ飲まないから知らないけど・・・早速ミロ飲んでたし。


目を凝らすと確かに、細かい横筋がビッシリ入ってる。良く分からんがミロでもイケるんじゃないの?

それにしてもこの「漆磨」シリーズ、前から知っていたこのコップの他にも結構綺麗な物があって欲しくなる。他のシリーズも返礼品にあるんだよなぁ・・・特に純銅カップに全面金箔の “箔銅華” とかいうやつがすんごい綺麗。・・・やっちゃおうかなぁ・・・。

コメントを残す