【本】「金融探偵」/池井戸潤

金融探偵/池井戸潤

タイトルと帯を見て購入。「不祥事」「花咲舞が黙ってない」 が面白かった池井戸潤なら間違いないだろうというヨミもあった。

元銀行員が主人公であること、そしてタイトルに「探偵」とあることから花咲舞シリーズのようなワクワクするような謎解き、気持ちの良い懲悪を期待していたのだが、そこは期待通りの出来で読んでいてとても面白かった。

ただ、「金融探偵」の主人公・大原は半沢直樹や花咲舞のような筋の通った強い人間ではない。失業中の身という弱い立場であり、さらに押しに弱く頼まれたら断れないような性格だったりするところに人間味があり、そこに独特の面白さがある。

2話目なんて、冒頭からいきなり不注意で人を轢いていて “そんなのありかよ…” と思ったりもした。でもそんな大原が毎話毎話、事件の核心に触れるにつれ、柔らかな物腰柔らかなままに少しずつ熱を帯びていく。その過程にゾクゾクするものがある。

思っていたより金融知識は出てこないので、池井戸潤の他の金融知識を使った作品よりもずっと読みやすいと思う。半沢直樹に手を出そうと思っている人は、まずこちらを手に取った方が良いんじゃないかな。