那覇市楚辺「Gokarna(ゴカルナ)」でカレーを食べてきた。

車や原付で那覇高校の前を通る時、いっつも気になっているカレー屋が「Gokarna(ゴカルナ)」俺の好きなインドカレーを扱っているみたいだが、外見はそんなにインドインド(ネパールネパール?)しておらず、普通のオシャレな外見。どうなんだろう、一度食べたいと思っていた。

席についてすぐに確認するのは「バターチキンカレーがあるかどうか」いつも人に “本当に美味い店かどうかはバターチキンで分かる” ともっともらしい事を言っているが、それは単にそんな嘘をつくのが面白いのと、馬鹿の一つ覚えでバターチキンしか頼む気が無いのを隠しているからだ。この日もバターチキンと言おうとしたが、通常メニューとは別のメニューが面白そうだったのでそちらにした。


結局、バターチキンは入っているけど


美味そう!ごはんを挟んで右がコリアンビーフ、左がバターチキン。味玉はトッピング。

作っているスタッフはオール日本人だった。最近では逆に珍しい感じもするのだが、そのせいなのかバターチキンカレーの色もオレンジ寄りではなかった。多少は日本人向けにアレンジしているのかな。これはこれでなかなかに美味い。コリアンビーフの方もスパイスが効いていて食べると汗だく。心地よい辛さでとても良かった。


店内の座席はそう多くないので、混雑時は避けた方が良いと思う。

那覇に越すまで全く知らない店だったが、ゴカルナは結構長くやっているようだ。最近は周りにライバル店もポツポツできているが、それでも負けずに続けてほしい。ゴカルナも他の店も、バターチキンの味が異なるのだが、そのどれもが美味しい。このバターチキン天国がいつまでも続きますように。

コメントを残す