【御朱印】那覇市繁多川 識名宮で御朱印を頂いてきた。

琉球八社の一つ・識名宮。これまでに4回来ているのだが、一度も宮司さんが居た試しが無く毎度参拝だけして帰るばかり。こんどは朝早く行ってみたらどうだろうと思い、9時前に行ってみたら初めて宮司さんがいらっしゃった。早速御朱印をお願いする。


この御朱印を頂くためだけに何度も来たんだよ…

さて、5回目の参拝にしてようやく御朱印を書いて頂けたわけだが、実はこの後すぐ6回目の参拝――― いや、真の5回目の参拝をしに来る事になる。

御朱印を書いて頂いている間に参拝を済ませようと思い、境内に向かいながら財布を取り出そうとするとその肝心の財布が無い。あ、やばい、御朱印書くの止めてもらわなくちゃと思って社務所に急いだが時既に遅し。宮司さんが力強く朱印を押していて…。

事情を説明したら、後で賽銭箱にお代を入れるという事で書いてもらったが、参拝もせず御朱印のお代も払わず書いてもらうって、こんな失礼な事ないよ…。すぐに財布を取りに帰り、お代を払わせていただきました…。


事情を説明した時、呆れた顔をしていました(当たり前)失礼いたしました…。

ちなみに、識名宮はいつも宮司さんが居ないことである種有名になってしまっているのだが、それとなくその話を向けてみた。そしたらやはり問い合わせが多いようで、「問い合わせには17時半から18時に来るようにお願いしている。」との返事が。おそらく、本堂を閉めに来る時間がチャンスってことなのかな?自分みたいに何度行ってもダメな人はそれを意識した方がいいかも。または今回の自分のように朝8時半…?

問い合わせしてから行くのがベターじゃないかなと思いますが、私のように意地でも “巡り合わせ” で勝負したい人は是非チャレンジしてみてください(笑)