那覇市久茂地「茶暮里(さぼうる)」でビーフシチュー

最近、自分の中で純喫茶がブームとなっており、そうそう暇はないが隙あれば寄ってみたいと野望を抱いていている。既に那覇市内で5件ほど目を付けているが、その中でも群を抜いて気になっていたのが久茂地の茶暮里(さぼうる)。


このレトロな感じ、たまらないでしょう!?

お店の外観からずっと気になって気になって仕方が無かった店にやっと入ったら、店内もまさに昔ながらの純喫茶。それも夜はスナックをやっていそうなタイプの“ザ・昭和”な内装だった。ピークを避けるつもりで13時前に入ったのだがそれでも人がいっぱいで、ちょうど1席しか空いてなかった。このご時世に生き残れているだけあってやはり人気なのだと実感。

メニューには日替わりランチとカツカレー、そして異様な存在感を発する「ビーフシチュー900円」の文字。どう考えてもここの名物はビーフシチューだと決めつけ、迷わず注文。周りを見てみるとビーフシチューを食べてる人ちらほら、そして後から入って来た客もビーフシチューを頼むんでいる。やはりこれだな。


そしてやってくるビーフシチュー。

待ちに待ったビーフシチューはとてもシンプルな物でまさに自分好み。味は酸味よりもクリームを利かせてとてもマイルドな仕上がりになっている。自分はどちらでも好きだが、こちらのクリーミィな味付けはとても食べやすく、クセになるものだった。もう品もクソもなく夢中で一気食い。次に来店してももう他のものは頼まない。

以上、茶暮里は当たりの純喫茶でした。う~ん、次の店に行く前にもう一回行こうかな~。

コメントを残す