自身の信用情報を調査①KSC編

自分は、現在住んでいるマンションを住宅ローンにて購入した。今は毎月のローンを支払いしている状況だが、時々指定の引き落とし日に口座に金が無く、当日の引き落としが出来なかった事が何度かある。

そういう時は後日にも引き落としが試みられており、大抵1~2日後には引き落とされているので、この程度の延滞であれば当然信用情報は汚れる事はない。ただ、制度上法律上(?)安全であっても例えばローンを提供した金融機関が報告を間違えたりしていると予期せずブラックに…なんてこともあるのでちょっと照会をしてみる事にした。

うん、まぁ大層なこと言ってるけど動機は単純よね。
・信用情報機関に情報開示を申し込んでみたい。
・信用情報機関の開示フォーマットが見てみたい。
・信用情報機関には自分のどんな事が登録されてるのか見てみたい。

で、住宅ローン関連の照会といえばKSC(全国銀行個人信用情報センター)よね、ということでwebのガイドに従って申請書類とその他必要な書類を用意して、申し込んでみました。

数日たって返って来たのがこちら。

まずは、開示を申し込んだ人の氏名・生年月日とともに、対象者の登録されているプロフィールが開示されている。今回は私の住所から勤務先名までばっちり書いてあったが、これはローンを組んだ際に金融機関の方で登録した内容になる。


生々しい数字が書いてあるが、ここを伏せると実感が来ないので敢えて晒す。

“情報登録会員” には、私に住宅ローンを融資した金融機関の名が入っている。一番肝心なのは下欄に一つ一つ書かれている“○”なのだが、これは2016年3月(16/03)から2017年8月(17/08)まで毎月の払いをちゃんとしていますよ、ということ。良かった…やっぱり当月内に支払いが完了していれば報告としては「問題無し」なんだな。

その他、不渡情報や官報情報に載っているかなどの項目があったが、当然そんなものに引っかかるような生活はしていないので該当なしで終了。とにもかくにも自分の信用情報ってどんな感じで登録されているのか見てみたかったので今回の開示はなかなか面白かった。今、ローンを組んでいる人なんかは暇つぶしに照会を取ってみても良いんじゃないかなーと思う。

ちなみに、タイトルに「①KSC編」とあるのはもちろん続編があるから。クレジットカードの支払いや、携帯・公共料金等の支払いについてはまた別の個人信用情報機関なのでそこにも照会を取ってみようと思って。JICCCICも時間が空き次第申請してみまーす。