【本】「花咲舞が黙ってない」/池井戸潤

前作の「不祥事」が面白かったので、これも面白かろうと購入。少しややこしいが、「不祥事」は「花咲舞が黙ってない」という本作と同名のタイトルでテレビドラマ化されている。本作のタイトルをドラマと同じにしたのは、ドラマから入った人を取りこむ意図もあるのだろうか。

「不祥事」を前作と書いたが、別に続きものでもなく、メインの登場人物が同じなだけという認識で良いと思う。一話完結の話ばかりなので、いきなりこれから読んでも問題なく面白く読める。また、銀行が舞台となっているが別に銀行に関する知識も何もいらない。前回と同様、花咲舞と相馬の迷コンビが難事件?を解決する様が痛快でとても心地よい。

同じ池井戸潤で行内の悪党と戦う話だと「オレたちバブル入行組」 (テレビ・半沢直樹)があると思うが、あちらの方はちょっと読んだだけですぐ疲れてそれっきりになってしまった。多分、普段本を読まない自分みたいな人には花咲舞ぐらいの文章が限界なのかな。

とにもかくにも「不祥事」と同じくらい読みやすくて面白いので、アレが面白かった人はこちらもイケると思う(あるいはその逆も)


表紙の絵、花咲のイメージはピッタリだが、相馬はもっとくたびれた感じだと良かったな。

コメントを残す